倉科カナ 濱口優と熱愛か!?斉藤和義、大東俊介、福田との関係は?【画像あり】

Sponsored Link

ベッキー

倉科カナといえば、
女優として評価が高く、Fカップの巨乳でモテる女としても有名ですよね(^○^)
しかも、
熱愛の噂をされてきた男性陣がイケメンばかりです。
羨ましいですね(^o^)

これまでの倉科カナの熱愛を振り返ってみましょう。

一人目に熱愛の噂になった男性は
ミュージシャンの斉藤和義でした。

ベッキー

倉科カナと斉藤和義は、
斉藤和義のシングル曲「ウエディング・ソング」
のPV撮影で共演しています。

ベッキー

倉科カナと斉藤和義は、
PV撮影を通して親密になり、二人だけで食事をとるような関係になったと言われています。

二人があまりにも仲良さそうな雰囲気だったのでネットを中心に

「倉科カナと斉藤和義は付き合っているのではないか?」

という噂が流れるようになりました。

そんな時です・・・

とあるホームページに、
「倉科カナと斉藤和義の熱愛動画なる物を発見」
という動画がアップされました。

この動画URLをクリックすると、
ワンクリック詐欺のページに誘導するという悪質な詐欺でした。

今は削除されてありませんが、
ワンクリック詐欺の被害にあった人はいるかもしれませんね。

「ユーチューブ動画かな?」
と思って、クリックしたらワンクリック詐欺だったというやり方です。

みなさんはワンクリック詐欺に引っかからないように気をつけてくださいね。

というわけで、
ただたんにネットを中心にファンの間で妄想が膨れ上がっただけで、二人が付き合っている決定的な証拠は何一つなく、たんに仲の良い友人関係に過ぎなかったというのが有力です。

それにしても、
人々の心理を利用して金もうけしようとする悪徳業者は許せないですね(怒)

二人目に熱愛の噂になった男性は
チュートリアルの福田でした。

ベッキー

倉科カナと福田は、
日本テレビのバラエティー番組「しゃべくり007」
で共演しています。

ベッキー

なんでも、
福田の快気祝い(急性膵炎で入院していた)として、
「(福田が)今、いちばん会いたい人」
を呼ぶという企画で福田が指名したのが、倉科カナだったんです。

そんな倉科カナと福田は
この共演をきっかけに親しい関係になったと言われています。

こちらもネットを中心に熱愛の噂が広がりましたが、
やはりただたんに親しくしているに過ぎないというのが有力みたいです。

三人目に熱愛の噂になった男性は
大東俊介でした。

ベッキー

倉科カナと大東俊介は
NHKの朝ドラ『ウェルかめ』
で共演しました。

ベッキー

撮影現場では、
倉科カナと大東俊介は非常に親しげに話していて、まるで恋人のようだったそうです。

良い雰囲気で撮影が進むのは良いことですが、このことが熱愛の火種元になって、
二人は付き合っているのではないかと噂されるようになりました。

しかし、
倉科カナと大東俊介が付き合っている証拠は一切ないので、
ガセネタで間違いないでしょう。

親しげに話しているだけで、
熱愛の噂を立てられるのは芸能人の宿命なのかもしれませんね。

が、
決定的な証拠は何もなくガセネタの可能性が非常に高いです。

四人目に熱愛の噂になった男性は
よゐこの濱口優でした。

ベッキー

倉科カナと濱口優は
共通の知人を通して知り合ったと言われています。

濱口優が倉科カナと知り合った時期は、
小倉優子との破局直後で傷心しきっていたそうです。

その心の傷を癒したのが、
優しさと気遣いが人一倍ある倉科カナだったのです。

その後、
二人はお互いに惹かれあい交際をスタートしました。

倉科カナが濱口優の自宅に向かう姿を「女性セブン」に報じられたことで、
二人の交際が表ざたになりました。

ベッキー

双方とも、公に交際は認めていませんでしたが、
デートを何回も重ねていて、事実上交際したということで間違いないでしょう。

が、
3年半の長期交際の末、破局を迎えてしまいました。

理由は、
お互い多忙なため、会う機会が減り、すれ違いから自然消滅に近い形で破局したそうです。

双方の事務所は、
破局の件について以下のようにコメントしています。

濱口優の所属事務所

「交際の事実も把握していないのでコメントのしようがありません」

倉科カナの所属事務所

「交際の事実も破局の事実も把握していません」

双方の事務所とも、
恋愛には寛容だったんですね(笑)

ここまで熱愛の噂があった3人を振り返ってみましたが、
いかがでしたか?

飛ばし記事が多いですが、多いうちが華なのかもしれませんね(^_-)-☆

清純派巨乳女優・倉科カナの今後の熱愛動向に要注目です(^○^)

Sponsored Link


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 「自然の草や木からいただく恩恵を色彩として手まりに表現できる喜びを感じながら、今の生活にそっと馴染み、一緒に楽しんでいただけるような手まりをこれからもご提案していきたいです」


コメントをどうぞ

このページの先頭へ